開発から製造まで“電熱機器の総合専門メーカー”

■TORITSU バンドヒータ■
 TORITSU バンドヒータは高級マイカにより絶縁された抵抗リボン線を耐熱金属板で被覆したバンド状の電熱体です。 標準のバンドヒータは1ピース型と2ピース型とがあり1ピース型はシリンダやダイスなど一方から差し込んで取付けできる箇所、2ピース型はフランジや障害物があって一方から差し込むことができない箇所に適しています。
技術情報お問い合わせ
 弊社、東リツ(株)のヒータは、多方面機器メーカー、また、産業界より好評を博しております。
それは、電熱機器のメーカーとして長年にわたり、常に前向きな姿勢、謙虚な考えを抱き、
お客様の製造・研究の場に役立つヒータを提供する為、日々精進してきた賜物と感謝しており
ます。
    ☆お客様の声☆
    成型機を使用しております、K社:「バンドヒータ、スペースヒータを東リツ(株)へ
    製作してもらっているが、きれいな内面で滑らかで密着性が高く、品質が良く安価
    である」 と評判を頂いております。

    新工場(ツクバ技術センター)では、液晶用ホットプレートの設計から実装、
    検査まで独自の生産技術開発に力を入れております。
    ★TORITSU装置は規格品もありますが、殆どがご用途に合わせた
                  設計・製作をしていますので、 詳しくはお問合せ下さい。 ★

     TEL03-3601-7121(弊社本社 営業部) TEL03-3606-0785(弊社足立工場 設計部)
■用途■
TORITSUバンドヒータは、薄型軽量で内面が平滑ですから円筒状の被加熱体に対して完全に密着し、熱伝導が良好ですので最高の熱効率を示します。プラスチック加工の加熱源として押出機、射出成形機などシリンダ及びノズルヒータとして最も多く使用され、各方面よりご好評を得ております。この種のヒータは通常、端が密閉されておらず完全にシールすることが難しいので、水などの液体がヒータエレメントにかからないようにご注意ください。また、ご使用に際しましては被加熱体とヒータの間に空隙が生じないよう注意し、できれば昇温後、増締めすることをおすすめいたします。

■標準規格■
 TORITSUバンドヒータの標準型は、1ピース型と2ピース型の2型式があり、製作可能な最小限度寸法は各々左表の通りです。ご注文に際しましては、内径、幅、電圧、容量、1P型、2P型の区別、2P型のバンドヒータの場合は直列接続か並列接続かなどの仕様をご明示ください。ヒータの内径と幅との関係は製作上及び使用上からも適当な釣合いを保つことが必要で、内径に比し幅が非常に大きい場合には締付効率が悪く断線事故の原因となります。 内径100以下の場合は幅を20〜50に押さえ、内径100以上の場合にはできるだけ幅を内径の1/2以下にし、この場合でも幅100mmを超えないようにすることをお勧めいたします。

■製作可能な寸法■
  最小内径 最小幅
1ピース型 30φ 20
2ピース型 50φ 20
標準規格以外、3ピース型、角型、欠円型、穴あけ、切込みなどご指定の形状のものも製作可能です。
バンドヒータ 保温バンドヒータ
◎押出機設置例◎

押出機シリンダー部にTORITSUバンドヒーター 2ケ使用
Copyright(C) 2005 TORITSU CO.,LTD. All Right Reserved.